プロテクトプラスの効果とは?フロントラインプラスとの違いは?

プロテクトプラスの効果とは?フロントラインプラスとの違いは? フロントラインプラス

ペットゴー株式会社からノミ・マダニの駆除薬「プロテクトプラス」が販売されました。

プロテクトプラスはフロントラインプラスのジェネリックになりますが、一体何が違うのか?

有効成分の比較や口コミや評判を集めてみたので参考にしてください。。

プロテクトプラスを販売しているペットゴーとは?

プロテクトプラス」は、ペットゴー株式会社から販売されているノミ・マダニの駆除薬です。

ペットゴーは、犬や猫のご飯やサプリ、ヘルスケア商品を取り扱う会社です。

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトにも出店しているので、お店の名前を見たことのある人も多いんじゃないでしょうか。

ペットゴーは犬・猫の商品を販売しているだけではなく、自社のオリジナル商品を開発・販売しています。

その1つが、今回新しく販売となったノミ・マダニ駆除薬「プロテクトプラス」となります。

フロントラインプラスのジェネリック薬プロテクトプラスとは?

「プロテクトプラス」は、フロントラインプラスのジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品は「後発医薬品」と呼ばれ、新薬(先発医薬品)の特許が切れたあとに製造・販売されるお薬です。

ベーリンガーインゲルハイム社のフロントラインプラスの特許が切れたため、ジェネリック医薬品としてプロテクトプラスが製造・販売された、ということですね。

後発医薬品ということで、開発費の必要がないため製造費を節約することが可能です。そのため、フロントラインプラスよりも安い価格で販売できるのがジェネリック薬の特徴となります。

ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を含むため、同等の効果を期待できます。

「プロテクトプラス」は「フロントラインプラス」と同等の効果を期待でき、さらに安い価格で購入できる得なお薬ということになります。

ベッツワンプロテクトプラス

プロテクトプラスとフロントラインプラスの有効成分の違いは?

プロテクトプラスはフロントラインプラスのジェネリック医薬品として販売しています。

ですが、本当に同じ成分が含まれているのか?ちょっと気になったので、動物医薬品検査所「動物用医薬品等データーベース」から調べて比べてみました。

動物医薬品検査所は農林水産省の機関の一つです。

犬用の比較プロテクトプラスフロントラインプラス
フィプロニル100mg/本品1mL中100.0mg/1mL
(S)ー
メトプレン
90mg/本品1mL中90.0mg/1mL
包装単位ピペット型プラスチック製容器、
0.5ml 、0.67ml 、
1.34ml 、2.68ml 、4.02ml
0.5mL、0.67mL、1.34mL、
2.68mL又は4.02mLの
着色プラスチック製容器
(ピペット)
効能効果ノミ、マダニ、シラミ及び
ハジラミの駆除
ノミ卵の孵化阻害及び
ノミ幼虫の変態阻害
によるノミ寄生予防
ノミ、マダニ、シラミ及び
ハジラミの駆除
ノミ卵の孵化阻害及び
ノミ幼虫の変態阻害
によるノミ寄生予防
用法用量8週齢以上の犬の
肩甲骨間背部の被毛を分け、
皮膚上の1部位に
直接次のピペット全量を
滴下する。
5㎏未満
0.5ml入りピペット
5~10㎏未満
0.67ml入りピペット
10~20㎏未満
1.34ml入りピペット
20~40㎏未満
2.68ml入りピペット
40~60㎏未満
4.02ml入りピペット
8週齢以上の犬の
肩甲骨間背部の被毛を分け、
皮膚上の1部位に
直接次のピペット全量を
滴下する。
5kg未満
0.5mL入
5~10kg未満
0.67mL入りピペット
10~20kg未満
1.34mL入りピペット
20~40kg未満
2.68mL入りピペット
40~60kg未満
4.02mL入りピペット

動物医薬品検査所「動物用医薬品等データーベース」で調べた結果、含まれている有効成分・包装の容量・効能効果・用法用量について違いはありませんでした。

上記は犬用のプロテクトプラスについて調べましたが、猫用にも違いを確認できませんでした。

プロテクトプラスとフロントラインプラスの使い方の違いは?

プロテクトプラス使い方はフロントラインプラスと同じです。フロントラインプラスと同じような容器に入っているので使いやすいですね。

  1. 裏面のアルミシートをはがしてピペットを取り出す
  2. 上部の切れ込み線部分を折る
  3. 肩甲骨の間にピペットの全量滴下する

2の「上部の切れ込み線を折る」時、薬液が飛び散ったり垂れたりしないよう注意してください。手や体に付着した場合は速やかに洗い流しましょう。

3の「肩甲骨の間にピペットの全量滴下する」時、上からポタポタ垂らすのではなく、犬や猫の毛をかき分けて皮膚に直接滴下するようにします。

どちらも、使い方の動画を見れば詳しく確認できるので、一度目を通すことをオススメします。

我が家の猫の場合、薬液を垂らすと「水が垂れてきた!」と感じて走り出すことがあるので、みなさんも注意して投与してください。

フロントラインの使い方

プロテクトプラスの副作用は?

プロテクトプラスはフロントラインプラスと同じ有効成分を含むため、同様の副作用があります。

犬や猫への主な副作用は以下の通りです。

薬を舐めるとヨダレ、アルコール中毒の危険性がある
薬を付けた部分はそう痒、発赤、脱色、脱毛の危険性がある

動物医薬品検査所の「副作用データベース」によると、フロントライン投与後に死亡した例もあります。

プロテクトプラス使用後にも、重篤な副作用やアレルギーの危険性があるので注意してください。購入・使用の前に獣医師へ相談することをオススメします。

プロテクトプラスとフロントラインプラスの値段の違いは?

プロテクトプラスはジェネリック薬なので、フロントラインプラスより安い価格で購入できます。

ですが、動物病院での取り扱いは少なく、手に入れるためにはAmazonや楽天市場といった通販サイトを利用する他ありません。

Amazonでの販売価格
体重プロテクトプラス
6本入り
1本あたりフロントラインプラス
6本入り
1本あたり
犬用XS
5kg未満
3,120円520円5,073円846円
犬用S
5kg~10kg
3,180円530円5,100円850円
犬用M
10kg~20kg
3,540円590円5,906円985円
猫用2,820円470円3,951円659円
2021年4月5日現在の価格

プロテクトプラスは1箱6本入りで販売しています。

6本入りのフロントラインプラスと比較してみると、プロテクトプラスの方が1,000円以上安い価格で販売しています。

1本あたりで比べてみると200円~400円ほど安いですよね。

さらに、今なら10%OFFクーポンが付いているので、もっとお得に購入することができます。

プロテクトプラスのコスパは、ノミ・マダニ対策カテゴリ最強クラスと言っても過言ではありません。

プロテクトプラスとフロントラインプラスどちらを選ぶ?

プロテクトプラスはフロントラインプラスと同じ有効成分・用量でありながら、安い価格で購入できるのが特徴です。

例えば、多頭飼いでコスパを重視する場合はプロテクトプラスが候補になると思います。

ただし、プロテクトプラスの心配点を挙げるなら実績の少なさです。

プロテクトプラスは2020年5月に発売されたばかりで、使用した口コミや評判の情報が少ないです。

フロントラインプラスの公式サイトには「フロントラインとジェネリックの違い」について以下のように記載しています。

ジェネリック医薬品の有効成分は先発品と同じですが、製品として全く同じわけではありません。フロントラインは独自のデリバリーシステムにより、有効成分がすばやく拡散し、効果を持続。また安全性においても、より多くの試験をクリアしており、ノミ・マダニ駆除剤のパイオニアとして、多くの獣医師や飼い主様から選ばれつづけています。

実績のあるフロントラインプラスを選ぶか、コスパに優れたプロテクトプラスを選ぶかは飼い主次第になります。

かかりつけの獣医師と相談のうえ、ご自身の環境に合ったお薬を選択してください。

プロテクトプラスの口コミや評判は?

プロテクトプラスの口コミや評判について、Twitterや知恵袋を調べてもほとんどないですよね。

ブログを調べてみるとちらほら出ているようなので、いくつか参考にさせてもらいましょう。

使い始めてから、3ケ月が経過しますがアレルギー反応などの問題も発生していません。今後は、このジェネリックにしようと思います。

トイプードルとリゾートでスローライフ

成分容量、薬液の使用感が全く一緒だったので、心配だったわけではないのですが、とくにわんこにこれといった健康上の変化はありませんでした。フロントラインプラスと同じ効果で使えたと感じています。

ゆるーっと元気ためのノート

投薬してもうすぐで1ヶ月になりますが、特に問題ないようです。猫が虫に刺された跡は見つかりませんでしたし、人間も身体中が痒くなるということはありませんでした。

猫にっこり

プロテクトプラスを使ってみて「問題ない」という評価が多いです。

口コミや評判が少ないということは、使って副作用が出た・悪かったという評価も少ないということです。

使ってみたら思わぬ副作用・アレルギーが発症する危険性があるため、購入・使用の前に獣医師さんに相談してください。

プロテクトプラスとフロントラインプラスの違いについてのまとめ

プロテクトプラスはフロントラインプラスのジェネリック医薬品です。同じ有効成分のお薬ですが、1,000円ほど安く購入できるのでお得です。

ノミの駆除薬代を節約したい時に検討してみることをオススメします。

Amazonで10%OFFクーポン配布中!
プロテクトプラスを購入する

タイトルとURLをコピーしました